hair health

更年期に現れる

更年期障害の女性の薄毛

女性の更年期障害には薄毛や抜け毛も特徴としてあります。なぜ抜け毛が増えてしまうのかというと女性ホルモンの分泌量の減退が原因です。そうすると体の中にある男性ホルモンの割合が相対的に増してくるのです。男性ホルモンは、薄毛を進行させてしまう作用がありますので、男性ホルモンが増えてくるとAGAの症状があらわれてくるのです。ただし、男性と違うのが脱毛の進行のパターンです。男性だと、M型やO型状に脱毛が進行してくるのですが、女性の方の場合だと全体的に密度が薄くなってくる状態になります。このように広範囲に抜け毛の症状がでるのをびまん性脱毛症といいます。もし薄毛に悩んでいるのであれば、専門のクリニックで診断してもらうことです。

更年期障害の抜け毛対処法

更年期障害の薄毛の対処法ですが、まずは生活習慣や食生活を改善してみることです。血行をよくするための適度な運動や女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが含まれている食品を摂取するなどです。それでも薄毛が改善されないのであれば、育毛サロンや頭髪専門クリニックに相談してみることです。薬による治療方法が基本なのですが、ミノキシジルが処方されます。ミノキシジルは血行を促進させて発毛を促す薬です。フィナステリドは男性にしか処方されないのですが、最近ではパントガールという内服薬も開発され抜け毛進行の防止と発毛を促進させる効果があります。抜け毛や薄毛は、ひとりで悩まずに専門のクリニックで診断してもらうことで改善させることができます。